曹洞宗大蔵山安全寺は、

正長元年(今から約580年前・室町時代中期)、孤岩伊俊(こがんいしゅん)大和尚が再興したといわれます。
片平修広寺の、末寺であり、前の建物は安永2年(約230年前・江戸時代中期)のものでしたが、平成元年に新しく建てかえられました。

お知らせ